2010年08月06日

いつも見ていたヒロシマ



大好きな吉田拓郎の歌です。
8月6日には何時もこの歌を思い出します。
あれから今年も65年目を迎えました。戦争を知らない世代の私で、広島市内からはかなり田舎に入った所ですが、生まれも育ちも広島の私には8月6日は特別の日です。

日本にいた時は仕事柄毎年この式典には参加していました。
投下の8時15分の直射日光は本当に暑く立っているだけでクラクラしそうです。当日はこの炎天下と原爆の炎で、さぞかし、苦しんで多くの人が亡くなられたと思うと心が痛みます。私の親戚もガンで多く亡くなり、私の父も白血病で亡くなりました。
親父やおじいさんから原爆の話は、あまり聞いたことがありませんが、私の田舎にもたくさんけが人が運び込まれたようですし。投下直後多くの人が現地入りしたようです。

人の命の尊さ、平和が大切と言うことは、誰でも分かっていますが、人のエゴと欲がある限り戦争は世界から無くならないのではないでしょうか。
理想だけで武装を放棄すれば、どうなるか明らかです。軍事力が無ければ国を守れないのは、原始時代から変わら無いのじゃないでしょうか。
かといって決して軍事国家を推奨するものではなく。また戦争に関してはいろいろ考え方が違うと思いますが、今の日本があるのもこの戦争を経験したからであり、尊い人の命の犠牲があったからだと思います。

フィリピンに住んで、今年は初めてカリラヤ霊園戦没者慰霊碑参拝及びコレヒドール島に行く予定ですが、祖国のためにと亡くなられた人の魂に、心より手を合わせたいと思います。
フィリピン人でもヒロシマと言えばアトミックボムですぐに分かります。先の戦争では、フィリピン人も多く亡くなられ今でも苦しんで居られる人もあり、合わせてお祈りしたいと思っています。

DSC01161+1.jpg
これは、もう4年も前になりましたが、初めて娘を日本に連れて帰った時のもので、娘も8月9日長崎の原爆の日が誕生日です。
 
コメント
posted by オカンポ at 10:58| Comment(11) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。