2010年07月01日

台風シーズン

7月1日(木曜日)曇り
今日は朝から曇り空です。7月に入りいよいよ台風を心配しなくてはいけない季節になりました。毎年台風被害のに見舞われるフィリピンですが、昨年9月のオンドイ、ペペンでは、多くの死者も出ました。今年はこのような大きな災害が起こらないことを祈りたいです。

日本では命の危険性が高い「地震・雷・火事・親父」と言う言葉がありますが、「親父」は本当は「親父」ではなく、「大山風」(おおやまじ)=「台風」ということらしいですね。
フィリピンでは、火事、台風、雷、地震という順番になるような気がします。が、やっぱり1番は女房かな。(笑)

火事は特にスクウォーター地域で本当に多いですね、台風は、日本方向に向かう台風のほとんどはフィリピンの東側で発生していますし、毎年20個近くがフィリピン本土に接近しているそうです。
昨年のオンドイの時は、川の氾濫で多くの家屋が流されたり、浸水の被害になりましたが、これは、ダムの崩壊を防ぐための一斉放流も被害を大きくしたように思います。

これから台風のシーズンを迎えるのですが、MGB(The Mines and Geosciences Bureau)が発行した洪水ハザードマップを見つけましたので参考までに載せておきます。
(黄色の地域が、2年〜10年確率洪水でも、かなりの部分が浸水する危険があり、青色の地域、50-100 year確率洪水では、氾濫原全体が浸水被害を受ける可能性がある。)


10-4.jpg

具体的にはマニラ近郊の洪水氾濫の危険地帯について、

1) 海岸低地:パシグ川下流のマニラ湾に沿う標高3m以下の海岸低地。(マニラ市、マカティ市、パサイ市)
2) マリキナ川氾濫原:マリキナ川沿いの標高30m〜5mの沖積低地。(流域の西端に南北)西側はマニラ湾岸の海岸低地との間にある中央台地、東側はマリキナ川の水源であるシェラマドレ山脈で境される。(マリキナ市が、そして氾濫原の上流部はケソン  市の一部)
3) ラグナ湖岸平野:パッシグ市やパテオス市、タギグ市、また、マンテンルパ市の一部
4) 中央台地を開析する谷底平野:中央台地を横断するパシグ川沿いや、中央台地を開析するサンファン川沿いの低地

の4つの地域に区分出来るそうです。

この地域、特に黄色の地域にお住まいの方は、いざというときの対策をしておく方がいいと思います。
幸い私の住む地域はラメサダムより高い位置にあり、洪水の心配はなさそうですが、この地域以外にもマニラ市内にはそんなに多くない雨でもすぐに浸水してしまう地域もあります。
私も何度か川になった道路を歩いた経験があります。
ビデオは昨年のオンドイ通過後、水の引いたマニラですが、まだ道路が川になってる道路を走るバスに乗り合わせた時のものです。


また、台風通過後でも浸水により、一般的にはネズミや家畜の尿に含まれる細菌が洪水による不衛生な水を介して体内に侵入することにより感染するレプトスピラ症にも気を付けなくてはいけません。レプトスピラ症は腎臓、肝臓を損傷し、発熱、発疹、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛、吐き気などの症状が出、重症化すると死に至るものです。私の妻の親戚もこれで亡くなっています。

地球温暖化の影響か、今年はマニラでも異常に暑い日が続きました。日本でも今後大型台風の上陸が予想されているようですし、せめて日頃から災害に関しても危機管理はしておきたいと思うこの頃です。
 

コメント
posted by オカンポ at 12:01| Comment(12) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

私のお気に入り

6月24日(木曜日)晴れ
このところ毎日、朝はいい天気のケソン市です。
今日は、マニラデー(マニラの市制施行記念日)でマニラは祭日です。
私の住んでるケソン市は、メトロマニラ首都圏ですが、休みではありません。ケソン市の日は、はっきりしませんが10月12日だったかな。

フィリピンで暮らすようになって、フィリピン料理は、なかなか口に合いません。
それにフィリピンは1日5食なんです。朝起きると、パンと卵焼きなどコーヒー で軽い食事をしてそれから朝食、昼ご飯を食べると夕方にはおやつの時間、そして夕食、時に夜食と6食の日もあり、とにかくよく食べますね。
私は、フィリピン料理があまり得意ではなく、たまに自分でおかずを作ります。
これが結構家族には好評でなんでよ。最近覚えた味噌を使った豚肉の炒め物はかなりいけます。以前料理教室にも行った時の応用版です。
http://ocampo62.seesaa.net/article/149804404.html

でも何時も自分で作るのは面倒だし、材料も無い時は、インスタントラーメンを作ることもままあります。
ここからが今日の本題で、私の料理の話ではなく、インスタントラーメンの話です。フィリピンにはいろんなインスタントラーメンがありますが、最近私のお気に入りの商品が発売になりました。
IMG_6370+1.jpg
これは、奇跡の植物と言われる「マルンガイ 」のインスタントラーメンです。マルンガイの栄養としてはどうかと思いますが、あっさりした塩味で、結構いけますよ。
初めて食べた時は、あのマルンガイのちょっとした苦みと香りを強烈に感じましたが、これが、1個P7.50ですし、我が家には何時も買い置きしています。

マルンガイについては、ちょっとインターネットで検索すると一杯出てきますが、すごい栄養のある植物なんですね。我が家のフィリピン料理では、小さなもやしの種みたいな豆と一緒に葉っぱを煮込む料理をよく作ります。
結構おいしいですよ。
写真は、近所の空き地のマルンガイの木で、マーケットにも売ってますが、フィリピンの何処にでも一杯自生していますから、買ったことはありません。それにこの木、挿し木してもすぐに大きくなりますよ

マルンガイ_yuki.jpg
それから飲み物は、缶入りのココナッツジュースですが、街角で生のココナッツをナタで割って中の水を売っていますが、これに少し甘みをつけたものです。これも私のお気に入りで何時も冷蔵庫に入れています。これは1缶P21位だったでしょうか。
IMG_6371+1.jpg
食べ物にはそれぞれ好き嫌いがありますが、家で作るフィリピンの料理はあまり旨くありません。やっぱり日本料理が懐かしくなり、料理の本を見ては挑戦してますが、なかなか何時もというわけにも行きませんしね。
町の安い日本料理レストランもいまいちですし、他の人は食事どうしてるのでしょうかね。
 

コメント
posted by オカンポ at 11:40| Comment(8) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

アボカドの空爆

6月21日(月曜日)晴れ
フィリピンは、言わずと知れた1年中フルーツのおいしい国です。
中でも私の1番好きなフルーツは、マンゴで、家の小さな庭にもグリーンマンゴの木があり、年2回実を付けます。

このグリーンマンゴを取るのは一苦労で何時も近所のカーペンターに頼んで高い木に登って取ってもらいます。以前私が木に登り、下で女房がカゴに受取る役でやってみたのですが、失敗して取り損なったマンゴが妻の頭を直撃、「パタイなったらどうする」とえらい怒られそれ以来、私に取らせてくれません。

日記の本題の「アボカド」ですが、アボガドと間違えて言う人も居ますが、アボガドは弁護士のことです。
アドボは、フィリピン料理、アドベは、ソフトウェアー会社、アベベは、裸足のマラソンランナー、あっかんべーは、昔のガキ大将、マチカド(街角)はトワイライト、まっこれ位にしとかないと殴られますね。(笑)

このアボカドですが、うちの隣の空き地に大きな木があって、枝が家の敷地にせり出しています。
昨夜、寝ていると、「ドカン」といきなりの空爆かとびっくりしました。女房は知らん顔で寝てますね。(笑)
ほんとでかい音がしますよ。何しろ長さ20cm、直径10cmはある実ですからね。

IMG_6493+1.jpg

アボカドは、6月大きな実をたくさん付けますが、これが我が家の屋根や敷地内に落下するのです。
空き地を管理している向かいの人が、何時もメイドに取らせて、そのおひそ分けを頂いています。貰うのは嬉しいのですが、空爆には困ったものです。

1昨年は、これが我が家の水道加圧ポンプのパイプに直撃、修理に大損害でした。
私は、あまりおいしいフルーツとは、思わないのですが、いろんな食べ方があるようですね。醤油で食べれば刺身に、日本でも寿司のネタにもなりますね。フィリピンの巻き寿司カリフォルニア巻きにも入っています。フルーツと言うより料理に使う野菜みたいなフルーツですね。
さて、この爆弾どうやって食べようかな。

IMG_5429+1.jpg
この花は、アボカドとは関係有りませんが、庭に勝手に咲いた花です。
 コメント
posted by オカンポ at 12:36| Comment(6) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

結構違うガソリンブランド

6月11日 今のところ晴れ、夕方からはたぶん雷雨

フィリピンでは、何処に行くにもジープとかFXタクシー、バスがあるので不便はないのですが、やっぱり自家用車はあるに越したことがありません。私もこちらに来て1年目に中古車を買い、今まで3台を乗り継ぎました。こっちに来た当初は日本と比べるとガソリンの値段も半分位でしたのでガソリン車を買いましたが、暮らしてみるとガソリンは安くありません。収入のわずかな私は、出来るだけジープやFXを使います。バスは恐くて乗れません。何故かは、一度乗ってみると分かりますが、まるで一般道を走るジェットコースターか、レーシングカーに乗ってるみたいですからね。

レギュラーガソリンの値段は、5年前は確か、P35/L位だったと思います。1年前の原油高の時には、一時P60/Lになろうかという時期もありましたが、今は P42.5/L位ですね。ディーゼルは少し安くてP35/Lくらいでしょうか。我が家では月だいたいP3,000位をガソリン代で使っています。貧乏生活ですし、10年選手の大飯ぐらいの車ですから少しでも安いガソリンを使いたいのです。

ガソリンブランドは、今までシェルしか使ってませんでしたが、他にペトロン、カルテックス、シーオイル、フライングVなどもあります。どのブランドでもあまり変わらないと思っていたのですが、使ってみると全然違うことに気が付きました。
同じ無鉛ガソリンでも一番いいのはペトロンX-TRA UNLEADED(無鉛)ですね。何が違うかというと、アクセルを踏んだ時のパワーが、他のガソリンと違い、すごくパワフルに吹き上がります。しかも燃費もいいんです。
ここは何時も利用するガソリンステーション
IMG_0841+1.jpg
またこのペトロンを使う理由がもう一つあり、それは女房の持っているSMのPrestigeカードが使えることなんです。フィリピンでは誰も持っているSMシューマートのメンバーカードですが、買い物の度にポイントがつきます。このカードがペトロンでも使えるのですね。P1,000で4ポイントですが、ほんのちょっとだけ得した気分になれます。
SMアドベンテージ.jpg
このSMAdvantageカードには特典がいろいろあるのですが、1ランク上のプレステージ(Prestige)ではSMでレジを並ばなくてよかったり、航空会社のラウンジのような専用カスタマー・ラウンジが利用できたりするようですが、詳しくはよく分かりません。コメント
posted by オカンポ at 15:47| Comment(4) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

フィリピンにもあったアバター「生命の樹」

昨日、久し振りにフィリピンでの親友、マラボン市のSさん宅に行ってきました。
フィリピンに帰ってこられた奥様と話すのも1年半ぶりです。
やっぱり夫婦は、二人揃って同じ屋根の下で暮らすことがいいと思いました。

帰りには、フィリピンで子供たちのための映画鑑賞会用のDVDを幾つか借りて帰りました。
うちに帰り、大量にあるDVDの中から最初に見た映画は、「アバター」です。
この映画は、映画館で見て、それから安い中国製コピーものDVDを見て、今回日本語字幕の3度目です。
2回は英語ですので内容の80%は映像で理解出来ていましたが、今回日本語で見られたのでこの映画の意味するところがやっと分かりました。

夫婦間でも言葉の違う国で自分の言いたいことを伝えることはなかなか難しいですね。
何時になったら私も女房と心から通じ合えるのかな。まっ、同じ日本人同士でもなかなか出来るもんじゃありませんがね。

「アバター」ですが、この映画では、自然、動物、植物は星全体の生命の絆で共存し、繋がって生きていることを私は感じました。言葉を超えて心で会話し、共に生きるすばらしさを感じました。
そんな中で、他を犠牲にしても富を得ようとする欲の深さ、人間の愚かさを感じます。
そんな中、人間の中にも、この自然と共鳴して生きることの大切さを感じ、戦う者がいたことは、救われた気きがしました。

この映画に出てきた命と命を繋ぐ「生命の樹(エイワ)」はまさにこの映画の象徴的存在です。
実は、この樹フィリピンにあるのです。と言っても光るわけでも命を繋ぐわけではない、町でよく見かける木なのですが、変わっているので、前に写真に撮っていました。


生命の樹+1.jpg

この木は何て言う木か知りませんが、フィリピンでは、木には精霊がいて、夜見てはいけないとか、指さしてはいけないと言います。何かしらこの映画と共通した意識があるのかも知れません。
いろいろ不思議なことの一杯あるアジアのパンドラ星フィリピンですね。

コメント
posted by オカンポ at 09:31| Comment(9) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。