2010年09月30日

我が家にホワイトレディー

9月30日(木曜日)
ちょっと時季外れの幽霊の話しです。
私達家族が住んでいる家は、2005年に越してきた家です。
買った時は、人は住んでいたのですが、古い家で住むにはかなり改修は必要でした。

この家には家族5人で暮らしているのですが、上の子エリカ(11歳)がここに来た当初から時々変なことを言うのです。
それはトイレに入るのが怖いからドアを閉めないでくれです。何故かと聞くと中にホワイトレディーが時々出るというのです。
たまたま今日も子供とその話になりました。

それは、綺麗な女の人で髪の毛が長く白い服を着ていて足がないそうです。
綺麗な人なのに何故か怒っているように見つめるそうです。

トイレだけではありません。子供部屋の窓にも外から時々見ているそうです。
女房は、変な事言うなと子供を叱るそうですから、このことはメイドに話したそうです。そして怒る女房にたいして娘は、母さんには三つの目がないから見えないと言います。

フィリピンでは「Third eye」と言ってもう一つの目で霊を見ると言います。
私は、見たことはなくても霊の存在は信じていますが、私には幸い霊感が無いので幽霊を見たことありませんし、出来ればお目にかかりたくありませんね。
女房に聞くと今まで何回か誰も居ないはずの部屋を走って玄関から出るのを見たことがあるそうです。
それもドアを開け閉めする音も無しにです。
以前家を改修するカーペンターも外から部屋を見たところ誰も居ない部屋の中からカーテンを閉める手を見たそうです。
その他にも何度か見たと聞いています。

日本の幽霊は、白い服で髪が長い女の人で足がないと言いますが、フィリピンでも全く同じですね。
またフィリピンでは「あなたの家には白い小人がたくさん住んでいる」といって褒めることがあるそうですが、精霊が住んでいて、金持ちになりますよ、もしくは金持ちですねを意味するそうです。
日本的には「座敷童」ってとこでしょうか。
国は違っても不思議なこに共通点があるのですね。
 
 
posted by オカンポ at 20:05| Comment(14) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
.
おはよう御座います。

私も霊感は全然有りませんが、霊の存在は信じています。
ホワイトレディーと言うのですか?良い霊で良かったですネ。

でも...フィリピンの女性って全体的にこの手の話に凄く敏感で弱く有りません。(笑)
家のおかーちゃんは全くダメです。

Posted by きら at 2010年10月01日 05:44
きらさん、おはようございます。
フィリピンのホワイトレディーはいわゆる幽霊で、小さな白い小人は精霊の事です。
どちらもフィリピンでは信じられていますが、幽霊は私もいやですよ。
Posted by オカンポ at 2010年10月01日 09:00
おはようございます。

フィリピンではドエンデイ、モルト、アスワン、カルルワ、などと呼ばれる妖怪や幽霊のたぐいの話が多いですね。私も実際に幽霊は見た事がありませんが、先日も店でそう言う話が出まして、昔からいたと言われている人食い人種や、外国人の容貌などが話の言い伝えとして伝わって来た場合もあるという事でした。

ホワイトレディーについてはあちこちで話を聞きますが、面白いのは蟻塚にも妖精がおり、決して蟻塚を壊してはいけないし、お祓いをして奉らなければいけないとの事だそうです。只、その幽霊やホワイトレディーのせいで引っ越しをする人たちまでいるという事ですが、そこまでする程ここでは信じられているという事なんでしょうね。
Posted by ショウタ at 2010年10月01日 11:29
ショウタさん、こんにちは。
フィリピンにしても、日本にしても理屈で説明出来ない出来事を妖精や、妖怪の仕業として言い伝えたのでしょうね。または子供に対しての礼儀とかマナーの教育の為に使ったとかですね。
妖精が住んでいるから、木をむやみに切ってはいけないとか、指さしてはいけまいとか、道を通る時も端を通るとかです。
こう言った教育の仕方も現代では必要なのではと思います。
Posted by オカンポ at 2010年10月01日 11:40
家の下のモールには、結構‘ミスターレディー‘が居ます、

こっちの方が怖いかも知れません(笑)

Posted by ありんす at 2010年10月01日 14:42
>こっちの方が怖いかも知れません(笑)
確かに言えてますね。この前うちでスタッフにしていたバクラは、平気でスカートをはいて、ちょっと引いちゃいました。
Posted by オカンポ at 2010年10月01日 17:36
オカンポさん、こんにとは。
この手の話は、信じられません。出合ったことがありません。フィリピン人はこの手の話は好きです。以前、広島で幽霊が逮捕されました。犯人は高校生でした。近くにダムがあり、道がくねくねと曲がっています。そのカーブに白い着物を着て、頭には、白い布て゛三角の鉢巻をし、夜、車がカーブを曲がる時スート立ち上がったのです。何人かが腰が抜け立てなくなり、話題になり、警察が張り込んだのです。面白半分にしたのでしょうが、迷惑な話です。
Posted by 正木和美 at 2010年10月02日 14:54
こんばんは、オカンボさん。

誠に遺憾ながら、幽霊を見た事がありません。
母は怪談物の映画が好きで、幼い私を一人で家においていくわけにもいかす、無理矢理に連れて行かれました。お岩さんから化け猫まで、あらゆる怪談物を観ましたが、怖かったです。
で、怖がり、行くのを嫌がる私に、母は「幽霊なんか、悪い事をしなければ怖くない。悪い事をした人の所に化けて出るんだ」と言いましたが・・・。
今、幽霊になってでも良いから、会いたいと思う人がいます。全然出てきてくれません。あちらから来るより、こちらが行く方が早いかな、と思う年齢になってしまいました。
Posted by yu at 2010年10月02日 22:33
正木さん今晩は。
>広島で幽霊が逮捕されました。
これって魚切ダムの事ですか?何か聞いた様な気もします。
また広島では、竜王道路だったかな兵隊さんの幽霊が出るって有名な峠道があったと思いますが、もう忘れちゃいました。
Posted by オカンポ at 2010年10月02日 22:54
yuさん、今晩は。
私も子供の頃はものすごく幽霊が怖くて田舎の家なので外のトイレに行くのが怖かった事をよく覚えています。

大人になってからも、一人アパートに住んでいた事があるのですが、一度眠れない夜うとうとしていると、ふと気づくと誰かが私の布団の上をゆっくり歩き、怖くてじっと目を閉じたまま数分間を過ごした事があり、この時はほんとうに怖かったですよ。
それ以来は遭遇経験はありません。
Posted by オカンポ at 2010年10月02日 23:00
 オカンポさんお早う御座います。

 義母は幽霊が出ると云うので、トイレは開けっ放し、電気は点けっぱなしです。妻もそうですが、閉めると幽霊が出た時、逃げられないとか、まず逃げ場を確保してからしゃがみます。

 電灯にしても暗いと怖いからと、昼間から点けっぱなし、私は、後から消して歩きます。電気代を払うのはわたしですから、何度云っても聞く耳持たずです。

 電気の通っていなかった昔を考えてほしいものです。家の前のクボには未だに、電気水道の無い家が有るのに、喉元過ぎると忘れちゃうのですね、
Posted by ダニエル at 2010年10月03日 09:46
ダニエルさん、おはようございます。
>電気代を払うのはわたしですから、何度云っても聞く耳持たずです。

全く同じ事を私もやってますよ。(笑)
昼間でも蚊に刺されるのに、暗くすると蚊に刺されるからって電気付けっぱなしです。
寝ている時のテレビも何とかして欲しいです。
頭の中では電気のメーターがグルグル「いつもより余計に回ってま〜す。」です。
Posted by オカンポ at 2010年10月03日 11:27
逮捕されたのは、渡の瀬ダムです。僕の実家はダムの上流にあります。

>広島では、竜王道路だったかな兵隊さんの幽霊が出るって有名な峠道があったと思いますが
そうです。己斐(こい)峠です。峠を過ぎたところに五月ヶ丘団地があるのですが、タクシーが嫌がって大回りしていたようです。本当にあるんですね。この手のはなし。
Posted by 正木和美 at 2010年10月06日 10:12
渡の瀬ダムでしたか、何度か行ったことがあります。
>そうです。己斐(こい)峠です。
そうそう己斐峠でした。よく仕事で走りましたが、私は見たことありませんね。
Posted by オカンポ at 2010年10月06日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。