2010年09月06日

骨董品Part3 伊万里の大皿

9月6日(月曜日)
久し振りに好きな骨董品?の日記です。骨董品は好きなのですが、骨董屋で買うほど贅沢は出来ないので、女房にはゴミ同様に思われていますが、商売のついでに混じっていたちょっと古そうなものを集めています。
もちろん骨董品として買い集めるのではないのですが、それがまた面白いのです。
今回は、コレクションにしている大皿数枚の内、気に入ってる3枚の紹介です。

二重角_3.jpg
これは、直径約40cmのちょっと深めの大皿です。
コレクションの中の大皿では1番のお気に入りです。伊万里だとは思いますが、年代は分かりません。裏の陶印は文字を略した四角に書かれています。深い紺色がすごく綺麗です。

古伊万里風_3.jpg
これは直径約41cmの浅めのよく見かける古伊万里文様の大皿です。
比較的新しい物と思います。

中国_4.jpg
これは、日本の物ではなく中国製と思いますが、直径30cm位で、日本だと七福神でしょうが、8人の賢者と意味の分からない漢詩がきれいな色で描かれています。
裏には乾隆御製と書かれていますが、ほんとなら清朝、乾隆帝時代の1700年代となります。
まさかこの時代のものが一般にあるわけがなく、よく中国の陶器には見られる飾りだけの物と思います。
中国製のラーメン丼にも同じような大清乾隆年製と書かれているものがありますからね。
でも、これもなかなか気に入っています。

いずれも骨董品として買った物ではありませんから1枚P500しませんでした。
フィリピンでは古いものに興味があまりありませんから、こんな古めかしいものよりきれいなプラスティック製の方が良いみたいです。
このほかにも大皿5,6枚があり、女房は嫌がりますが見ているだけで良いですね。
いずれ子供に割られるかも知れませんが、なにか嬉しくて時々手にとって喜んでます。

以前のブログにも書いたのですが、元々骨董品収集が趣味ではありませんでしたが、たまたまフィリピンで、日本の中古品の店を見ていたら良いものが結構転がっているんですね。
日本の骨董品と言えるかどうか分かりませんが、フィリピンでこんなものを見つけると懐かしいというか、落ち着けるんですね。
他にもいろいろコレクションしたものがあるので折を見て書くことにします。
 

 
posted by オカンポ at 19:39| Comment(8) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好きで集めていらっしゃるのですから値段はどうでもいいと思いますけど上のお皿は高そうですね。

フィリピンで陶器の収集に目覚めて自然にコレクションが増えていくというのは不思議な気がしますwww
Posted by Vincent at 2010年09月06日 20:37
この皿は、素人目に見ても結構良いものと思います。
写真が逆さまになりましたが、中央の富士山が良いですね。
>フィリピンで陶器の収集に目覚めて自然にコレクションが増えていくというのは不思議な気がしますwww

そうですね、高いものは買えないので、骨董屋には行きません。町の日本中古品屋さんに時々行ったり、商品の仕入れ品の中に紛れて入っているもので気に入ったのを集めていますが、今では結構な数になってきました。
店の中で誰も見向きもしない埃に紛れた棚に何年も見向きもされないで埋もれています。
ある意味宝探しのような感覚ですね。
Posted by オカンポ at 2010年09月06日 20:58
おはよう御座います。

私は骨董品の知識は無いのですが、写真で見る限り高価で立派な焼き物に拝見出来ます。

素晴らしい物が格安で入手出来る様になると。是非とも和室でも一室作って掛け軸や陶器で飾ってみたくなりますね。

是非、麻雀室兼用の和室を日曜大工で作って下さい。(笑)
Posted by きら at 2010年09月07日 06:35
きらさん、おはようございます。
もし日本にいたら、見向きもしなかったでしょうが、フィリピンでこんなもの見かけると嬉しくなります。
やっぱりホームシックもあるのでしょうか。(笑)

うちで和室は無理ですね、でも畳も売ってましたからね。作ろうと思えばそこそこ出来ると思います。
Posted by オカンポ at 2010年09月07日 07:59
こんにちは
ご無沙汰をしております
今、妻がフィリピンに里帰りで1人暮らしで
する事が多く悪戦苦闘の毎日です

大皿は45cmを越えるとさらに値打ちが上がります骨董の大皿は45cmが大皿の基準でこれ以上の
大皿は焼くのに難しく価値が有るのだそうです。
現代の大皿でも45cmを上回る皿は少ないですよ
頑張って見付けて下さい!
Posted by タコぼん at 2010年09月15日 06:31
タコぼんさん、おはようございます。
私は、骨董品屋さんでものを買うのではないのですが、繊細な和食器を見ていると何故かストレスの解消になります。
ちょっと古そうなものだと、少し傷があってもより愛着がわきます。
そんなに高価な物ではないと思いますが、見ているとこころが落ち着くのですね。
段ボール箱1個P1000位で仕入れるのですが、中に時々良いものが混じっていてそんなものをコレクションにしています。
フィリピンにはたくさん骨董品屋がありますが、ほとんど行ったことがありません。なぜなら高くて買えないからです。
私のフィリピンでのささやかな趣味ですね。
目指せ45cm頑張ってみます。

先日は日本工芸会正会員、山田義明さんの立派な木箱に入った飾皿が混じれ込んでいました。これは結構良いものと思います。
こんなのがあるから楽しいですよ。
Posted by オカンポ at 2010年09月15日 10:54
おはよう御座います、
久しぶりの書き込みです♪

よろしくです。
拙者は骨董品の事は皆目判りませんが、古伊万里文様の大皿は実に良いですね、これなんかはすし屋で
鯖寿司を盛るのに最高ですね。
また握り寿司の盛り合わせ等も良いですね。


実は拙者、この歳に成り、物を集める趣味は無くなりました、
つまり集めても何の意味も無いからです。
又年寄りの盆栽も意味が無いような気がしますね、
盆栽は何十年と手間が掛かる趣味ですね、そんな
長く掛かるのに自分の寿命を考えるとね・・・・・

拙者60歳を過ぎてから、本当に趣味も考えも
全て変わった気が致します。
残された僅かな時間何をすべきか、良く考えます、
この今だ良く判らない国で、何をです。

旅行?これは一人では無理ですね、日本ならOKですが、美味い物食べ歩き?、この国でどこに美味い物
があるね!です。女?愛情の無い愛は唯の犬ですね(汗)唯お金ねだけが目当てのメス犬、
お金が無くなれば誰も相手にしてくれない、この空しさ・・・・・・・・・・

拙者、我が家に篭り、もう5日ですね、尋ねる女も無く、メールすら無く、一人寂しい日々です。

今日は、何をするかな・・・・・・・・・


Posted by キャプテン サント at 2010年09月16日 09:53
キャプテン サントさん、おはようございます。

そうですね、フィリピンでは充実した毎日を送ると言ってもなかなか難しいですよね。
お互いお酒は飲めないし、趣味を生かすなんて行っても、先立つものが無ければなかなかね。

私も、若い頃から親の影響で古い物は好きでしたが、自分で買うほど余裕がありませんでした。
でもフィリピンに来て改めて日本の文化を見直したことがあります。
ちょっと大袈裟ですが、それは、食器なんです。
同じ料理でも器一つで見た目も味も変わる。
これぞ日本の食文化と気付いたのです。

しかもフィリピンだと日本で5000円位する食器がP20
で買えることもあるのですよ。
自分の気に入った食器でご飯を食べるとおいしいこと。
暇な時は、お茶でも飲みに来て下さい。
食器に限らず古い物が良い時もありますよ。
Posted by オカンポ at 2010年09月16日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。