2010年07月14日

台風通過とER

7月14日(水曜日)
昨日は夕方から台風バシャンの接近で雨と風が徐々に強くなりちょっと心配でした。
でも、台風より心配なことがあり、長男Koichiが2日前から何度も戻し、元気がありません。
何か悪いものでも食べたのかと思っていましたが、昨日の朝からは下痢もし、朝から何度もおしめの交換です。台風の心配どころでは無くなってきました。

お昼頃から乳も飲まなくなり、水分を全然取りません。以前同じような症状で3日間入院したことがありますので今回も同じように脱水症状が心配です。
午後7時ころから、何かぐったりしてきてますます元気がなくなり、病院行きを決めました。午後9時タクシーを呼んで前回入院したケソン市のキャピタルメディカルセンターに向かいます。台風の風邪も結構強くなってます。

病院のERに着くと早速医者の問診そして、便の検査をしてベッドに寝かせます。
紙おむつの予備を忘れていたので、近くのマーキュリーに買いに行きます。風は強く傘も壊れてしまいました。ずぶ濡れで病院に戻り、息子を見守ります。

救急病院ERには、次々と患者が運び込まれてきます。
急な発熱の子供、手をケガした男の子、交通事故のけが人、身動きしないお年寄り等様々です。
そうこうしていると検査結果は異常なしとのこと、でも依然として水もジュースも乳も飲もうとしません。医者はこのまま飲まなければ点滴をした方が良いといいます。
小さな子供の点滴姿は見たくありません。このまま台風通過と一緒にどうにか元気になって欲しいと祈ります。

午後11時頃になると息子が徐々に元気になってきました。窓越しに外を見ると、段々と風も強くなってきているようです。息子もこのまま回復すれば家に帰れそうです。女房とどうするかと話し、会計でお金を払い、今日は一端家に帰り様子を見ることにします。
帰り道の道路は、折れた木の枝や、飛んだビニールシートなどが風に舞ってます。

家に着くと一応電気は来ていましたが、子供とベッドに入ります。夜中何時頃か、突然停電です。
懐中電灯を付け、寝ている息子の様子を見ているといつの間にか寝てました。
朝方何時かな、夜明け近くに電気は戻りました。外は雨も無く静かです。どうやら通過したようです。
息子も静かに眠ってます。

外が明るくなった頃、息子の「デデ」という声で私は目を覚ますと。ボトルの乳を飲んでます。女房は寝ずに様子を見ていたようです。
それからは乳を戻しもせず元気を取り戻しました。女房は、「神様にありがとうを言いに行く」と言ってます。
前回の入院の時は、もどすのと下痢が止まらず本当に心配しましたが、今回はそれに比べると症状が軽くてよかったです。天気も何もなかったように静かな朝になってます。
今朝は、改めて病気をしないで、何時も元気で暮らしたいと思う台風一過の朝です。
  


posted by オカンポ at 10:21| Comment(10) | 家族・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オカンポさん こんにちは。

息子さん、回復に向かいよかったですね。
子供って正直なものです。病気のときの症状や
楽しいとき、悲しいときなど素直にあらわします。

内の子は、大きな病気はしていませんが、日本
にいるときに嫁が使うカミソリで左手親指の根元をざっくりきりました。このときにはさすがに驚き、夜間救急病院に駆け込みました。
幸いなことに筋までは切断していなかったのでほっとしました。
ほんとうに子供って目がはなせませんね。
Posted by 鰻18 at 2010年07月14日 11:22
息子さんご無事そうで何よりです。
寝ずに看病なさった奥様もおつかれさまでしたね。

天候が荒れるときというのは人間体調を崩しやすいのかもしれませんね。
でもケソンシティはタクシー呼べていいですね。
嫁の実家あたりだと大雨でもまずはトライシケルかなwww
Posted by Vincent at 2010年07月14日 11:58
鰻18さん、おはようございます。
昨夜は、ちょっと心配しましたが、今は元気になって安心しています。
私の子供の主治医の病院である、ケソンアヴェニューの「キャピタルメディカルセンター」はおすすめの私立の救急病院です。何時でも救急を受け付けてくれますし、それほど高くありません。日本と違ってフィリピンの病院は、いろいろですからね。
Posted by オカンポ at 2010年07月14日 12:28
Vincentさん、おはようございます。
たぶん寝冷えが原因と思います。病院で、夜、扇風機の風に直接当たりっぱなしは、いけないと言われました。
今度日本に帰ったら腹巻きを買ってこようと思います。
タクシーは日本に比べると安いですから、へたにマイカー使うより良い時もあります。何時でもガードに電話すればタクシーを止めてうちまで呼んでくれますので急な時は助かってます。
Posted by オカンポ at 2010年07月14日 12:38
こんにちは、オカンボさん。

西日本は梅雨明け前の大雨で、大変なことになっています。大きな被害にならないと良いのですが。

オカンボさんのお子さんは大変でしたねぇ!子供の病気は、本当に切なくなります。クーラーの冷えだったようですが、もうお元気になったのでしょうか。奥さんも大変でしたね。今夜はゆっくりオヤスミになれると良いですね。

子供の頃、「金太郎」とかいうオカケや腹巻が大嫌いでした。でも、母親に強制されて付けさせられました。お陰かもしれませんが、腹は健康で、どぉ〜んと出てます!!!
Posted by yu at 2010年07月14日 19:15
子どもが病気にかかると本当に堪えます
元気な時はわるさをするなと怒りますが
元気の無い子ども見ているとわるさをしても
良いから元気になって欲しいと親は願います
これが親なんです
早く元気を取り戻して下さい
心よりお祈り申し上げます。。。
Posted by タコぼん at 2010年07月14日 21:53
yuさん、今晩は。
NHKで見ました。ものすごい雨のようですね。世界中の至る所で大きな自然災害が起きていますが、これも地球温暖化の影響なのでしょうか。
子供は、どうにか元気を取り戻しましたが、全快とは言えないみたいで、1日中ぐずっています。
フィリピンの台風もニュースで見ると被害も出ていますね。今日は、屋根に登って雨樋に貯まった台風で飛んだ木の葉を取り除きました。これが詰まるとあふれて天井に流れ込みますからね。
Posted by オカンポ at 2010年07月14日 22:30
タコぼんさん、今晩は。
ご心配ありがとうございます。
小さな子供の元気な無いのは、ほんとかわいそうです。
病気になると、何が無くても健康が一番と思います。
子供もですが、この年になると自分自身もフィリピンで病気になったらと不安もあります。
Posted by オカンポ at 2010年07月14日 22:36
オカンボさん、こんにちは。
まずは、子供さんの回復、よかったですね。
しかし、今回の台風は凄かったです。カビテは24時間の停電でした。13日の夜12:00から14日の夜12:00まで。昨年はこの国の台風はできたての卵だから、大したことはないと思っていましたが、考えを新たにしました。
Posted by 正木和美 at 2010年07月15日 09:26
正木さん、おはようございます。
子供は、もう大丈夫のようです。上の女の子はそうでもありませんでしたが、男の子は弱いですね。何時も病院に行ってます。

24時間の停電でしたか、幸いうちは、深夜から夜明けまでの停電ですみました。
台風では、フィリピンで毎年被害が出ています。

対策としては、停電対策と生活用水の確保が必要で、たとえ小さな台風でもあらかじめトイレ用と飲料用の水をためておくようにしています。
2年前かな台風が連続して来た際には3日間断水したことがあり、飲料用のミネラルでトイレを流しました。昨年のオンドイもあまりでかくないと侮っていましたが、雨台風ですごい被害が出ましたね。
自然災害の怖さを肌で感じるフィリピンです。

そう言えば日本も大雨のようですね。西日本で被害が出ているようですが、心配ですね。
Posted by オカンポ at 2010年07月15日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。