2010年10月16日

フィリピンで見つけた私のお宝?

10月16日(土曜日)
日本への一時帰国まで後3日だか、何故か何も準備する気がしません。
毎年1回程度は、帰っているのでちょっと近所の友達の家に行く感覚です。
ちょうどフライトの18、19日辺り、台風メーギーがルソン島に上陸しそうで、ちょっと不安もあります。

今日は、帰国に辺り、台風が接近する前に朝方、車の掃除とワックスがけをやりました。
日本では、変わった事もないので、ブログはあまり更新出来ないと思います。

フィリピンでのサイドビジネスとしてJAPAN SURPLUSの店を自宅でやってますが、その際私の趣味で商品以外に集めた物が結構貯まってしまい、私の部屋はガラクタの山倉庫状態になってしまいました。
従って身の回りの掃除は、留守中、女房に任せることにします。たぶん捨てられる物もいっぱいあるのじゃないかな。
そんな中で、今まで書いていなかった物で、気に入った物を幾つか紹介します。

高橋武生 裸婦
高橋武生_裸婦+1.jpg
これは、油絵で画家高橋武生の「裸婦」サイズ6号です。額に入っていませんが、状態は良い物です。キャンバス枠の木材の色などから20年くらい前の作品と思います。昭和2年生まれの画家ですから、60歳頃の作品でしょうか。
インターネットで調べたところ、同作家の裸の婦人の絵「睡」サイズ6号は、美術年鑑評価:408,000円とありました。でもこれは、額に入ってないからあまり値打ちはないかな。

ジャンセン 後ろ姿の踊り子
ジャンセン_後ろ姿の踊り子+1.jpg
これは、バレリーナの後ろ姿を描いた物で作者はジャン・ジャンセンです。
題名「後ろ姿の踊り子」で密封した額入りです。驚くべき事に額の中にSuzuki Sonokoコレクションとフレートがあります。
美白の女王として10位前にテレビによく出ていた、あの鈴木その子のコレクションであった物で、額の裏を見てもっとビックリです。

これは映画俳優のユル・ブリンナーの所有であった物が、その後、鈴木その子のコレクションになったと書かれています。
ユル・ブリンナーと言えば、あの黒沢映画「七人の侍」のアメリカ西部劇リメイク版「荒野の七人」、「続荒野の七人」などに出ていた俳優で、ジャンセンコレクターとしても有名な人です。
それから美白ブームの大富豪鈴木その子のコレクションとあれば、もし本物であれば、結構高価な物と思います。

奥川俊右衛門 唐子文プレート
奥川俊右衛門_表裏+1.jpg
それからこれは、つい先日仕入れた物ですが、有田焼の白磁器の名工、日本工芸会正会員で奥川俊右衛門作の唐子文様の白磁フレートの額入りです。
子供が今にも額から飛び出しそうな新鮮な絵が、そうとう気に入ってます。
日本工芸会正会員と言う肩書きがあるだけでその作品は高値がつきます。もう一つ日本工芸会正会員の山田義明作の飾り皿「木瓜」もありますが、長くなるので、はしょります。

このような物が転がっているフィリピンって面白いですね。しかも高くてもP1,000以上する物はありません。
以前書いたのですが、絹で表装した掛け軸なども1個P25でしたので8個位買って帰りました。
調べると講談社から発売された千利休の書(写し)など58,000円って値段でしたよ。

その他日本未発売で3,40年前の、ミッキーマウスのランチボックス、古い富士山の水墨画など私にとってフィリピンは、まさしく宝箱って感じです。
でも持っててもお金にならないので宝の持ち腐れですが、異国の地でこんな物を見ていていろいろ想像するのが、私のストレス解消です。
そんな私を見て、女房は、茶碗一つで数時間も眺めている姿は、頭がおかしくなったと思っているようです。(笑)
 

コメント
posted by オカンポ at 15:38| Comment(16) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする