2010年10月13日

殺人は軽い罪?

10月13日(木曜日)

フィリピンのニュースを見ていると毎日殺人事件のニュースが流れています。
近所で殺人があったなんて話しもよく聞きます。拳銃を使った事件がほとんどですが、これはアメリカ的自己防衛の銃社会に原因があると今まで思っていました。
また強盗や、恨みによる殺人もあるでしょうし、家族の中での事件もあると思います。

多くの殺人事件の動機や背景についてニュースでは分かりませんが、妻(夫)の不倫が原因の場合も多くあるでしょう。
実際フィリピンでは、宗教により離婚の制度はなく、実質離婚状態で他の相手と生活している人も多くいます。
それで邪魔になって殺してしまうってこともあるでしょうね。
そう思っていたところ、こんなニュースを見ました。

--------------------------------------------------------------------------
ネリ・コルメナレス下院議員が11日、配偶者の不倫を理由とした殺人事件に対し,他の殺人罪と同等に扱う法案を提出した.
今までは、妻が不倫現場を目撃し逆上して妻とその不倫相手を殺害した場合、法律により軽罪扱いとされていたが,同法案が法律化された場合、こうして「特別処遇]が廃止されることになる。
コルメナレス議員は、同法案について[不倫を犯した配偶者への殺人行為を容認するような,差別主義的な法律が未だに存在すること自体が不可解。「侮辱された」、「逆上した」が、「殺しのライセンス」になるような事があってはならない、と説明した。
--------------------------------------------------------------------------
こんな事があったなんて今まで全く知りませんでした。
もしかしたら、不倫のせいにして、人を殺すなんてこともあったのじゃないか。と疑ってしまいます。
フィリピンで長生きするには、火遊びは禁物ですね。
「3年目の浮気ぐらいおおめに見てよ」♪
なんて言ってる場合じゃないようですね。

写真の花は庭に勝手に生えてきた、花と何も手入れしないで咲いた蘭

IMG_6555+1.jpg

IMG_4712+1.jpg
 コメント
posted by オカンポ at 10:07| Comment(6) | 家族・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。