2010年10月08日

10ペソの楽しみ

10月8日(金曜日)
日本雑貨屋を始めて6ヶ月が過ぎました。我が家の駐車場での店で、サリサリと変わらない規模ですが、結構楽しみながらやってます。商品は、食器などが多いのですが、家が狭いため必然的に小さな物になります。

食器の仕入れは、個別に買うのではなく、問屋で段ボール箱に入ったままの物を買うので中身はよく分からず買っているのです。
そうした物の中に時々良い物が入っているのですが、ここはフィリピン、幾ら物が良いからと言っても、高くしては売れませんので、小さな物はP10からの売りで、盃やぐい呑みの類です。

フィリピンでは日本酒を飲みませんから、全く売れません。私もお酒を全く飲みませんから今まで気にも止めていなかったのですが、よくよく見るとなかなか味があることに気付きこれらもコレクションにしています。

これは鬼面盃で外側が鬼の顔で内側がおたふくの顔になっています。
鬼面盃+2.jpg

これは、九谷焼の名工三ツ井為吉作の盃
九谷_三ツ井為吉+2.jpg

これは木葉天目、木葉が釉薬の下に写っています。
木葉天目+2.jpg

これは抹茶碗の名品、天目茶碗にも見劣りしない天目盃、とてもセクシーです
天目_茶+3.jpg

これも実に趣がある平型盃
平+2.jpg

これは古九谷の盃
九谷_松竹梅+2.jpg

この他にも趣のある物、約60個が貯まってしまいました。
フィリピンで売れば、1個P10ですから合計P600ですが、写真の物だけでも日本で買えばおそらく、ん万円にはなると思います。

以前抹茶碗の記事を書きましたが、抹茶碗も今では、30個位は貯まりました。
まさかフィリピンでこんな焼き物に出逢うとは思ってもいなかったので、今ではすっかり焼物好きになってしまいました。
日本酒好きなら毎日違う盃を傾けるところでしょうが、下戸の私には見るだけの楽しみです。

盃もそうですが、皿一つあれば食事が出来るフィリピンとは違い、日本人の食に関する感性は、世界一だと思います。
これほど多様な食器を使う人種は他にないと思います。

同じ食事でも器一つで綺麗ですし、何より美味しく感じます。日本の食器は、世界に自慢出来る文化だと思います。
 コメント
posted by オカンポ at 18:23| Comment(8) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。