2010年07月28日

真夜中の侵入者

7月28日(水曜日)
日本は大変な暑さのようですが、マニラの暑さは5月がピークで、夜は肌寒さを感じます。

昨日も何時ものように子供と夜10時には寝たでしょうか。深夜部屋の外で番犬パピーの吠える声を共に「ガタガタ」という物音で目を覚ましました。流石に少々のことでは起きない女房も一緒に飛び起き、二人顔を見合わせ、咄嗟に「ドロボー」と無言でテレパシーを伝えます。

近所でドロボーに入られた話は、ここに来てから今まで聞いたことがありませんが、緊張感が走り、すぐに外の電気と部屋の電気を付け、手には、いざという時の木刀を握りしめ、窓越しに外の様子をうかがいました。時計を見ると午前1時30分です。
女房は「外へ出たら駄目」と言ってます。玄関のほうに回り、神経をとがらせ外の気配を伺っているのですが、人の気配はありません。

しばらくすると「ガサガサ」という物音がして、窓越しに見るとパピーが裏の物置の隅を鼻息を荒くして引っ掻いています。
その時ドロボーではなく、たぶんネズミでも見つけて吠えていたことが分かりました。
ドロボーでなく、よかったと安堵と共にパピーの頭を撫でてやります。

たかがネズミ1匹で、こんな緊張したのは初めてです。何せここはフィリピン、毎日のように凶悪事件のニュースを見ています。
拳銃を使った殺人も珍しくありません。
近所の人も護身用に拳銃を家には置いていると言っていました。各家の窓には鉄格子があります。
フィリピンで深夜の賊は、先ず拳銃やナイフを持っていると考えられます。つまり殺人上等の強盗です。本当にこういった賊におそわれた時、物を盗まれるだけなら良いけれど、はたして自分や家族を守れるだろうか、と考えさせられました。

一見、人の良さとのんびりとした感じのあるフィリピンですが、裏を返せば貧困と簡単に人を殺してしまう犯罪大国でもあるのです。
毎年日本人10人以上が、犯罪に巻き込まれ亡くなっています。一番危ないのは身内という話もありますが、この国で生活する以上、最低限自分と家族を守る事が出来るよう、トラブルを避け目立った生活をしないよう心がけなければ、決して他人事ではないのですね。
 
コメント


posted by オカンポ at 09:54| Comment(11) | 家族・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。