2010年07月14日

台風通過とER

7月14日(水曜日)
昨日は夕方から台風バシャンの接近で雨と風が徐々に強くなりちょっと心配でした。
でも、台風より心配なことがあり、長男Koichiが2日前から何度も戻し、元気がありません。
何か悪いものでも食べたのかと思っていましたが、昨日の朝からは下痢もし、朝から何度もおしめの交換です。台風の心配どころでは無くなってきました。

お昼頃から乳も飲まなくなり、水分を全然取りません。以前同じような症状で3日間入院したことがありますので今回も同じように脱水症状が心配です。
午後7時ころから、何かぐったりしてきてますます元気がなくなり、病院行きを決めました。午後9時タクシーを呼んで前回入院したケソン市のキャピタルメディカルセンターに向かいます。台風の風邪も結構強くなってます。

病院のERに着くと早速医者の問診そして、便の検査をしてベッドに寝かせます。
紙おむつの予備を忘れていたので、近くのマーキュリーに買いに行きます。風は強く傘も壊れてしまいました。ずぶ濡れで病院に戻り、息子を見守ります。

救急病院ERには、次々と患者が運び込まれてきます。
急な発熱の子供、手をケガした男の子、交通事故のけが人、身動きしないお年寄り等様々です。
そうこうしていると検査結果は異常なしとのこと、でも依然として水もジュースも乳も飲もうとしません。医者はこのまま飲まなければ点滴をした方が良いといいます。
小さな子供の点滴姿は見たくありません。このまま台風通過と一緒にどうにか元気になって欲しいと祈ります。

午後11時頃になると息子が徐々に元気になってきました。窓越しに外を見ると、段々と風も強くなってきているようです。息子もこのまま回復すれば家に帰れそうです。女房とどうするかと話し、会計でお金を払い、今日は一端家に帰り様子を見ることにします。
帰り道の道路は、折れた木の枝や、飛んだビニールシートなどが風に舞ってます。

家に着くと一応電気は来ていましたが、子供とベッドに入ります。夜中何時頃か、突然停電です。
懐中電灯を付け、寝ている息子の様子を見ているといつの間にか寝てました。
朝方何時かな、夜明け近くに電気は戻りました。外は雨も無く静かです。どうやら通過したようです。
息子も静かに眠ってます。

外が明るくなった頃、息子の「デデ」という声で私は目を覚ますと。ボトルの乳を飲んでます。女房は寝ずに様子を見ていたようです。
それからは乳を戻しもせず元気を取り戻しました。女房は、「神様にありがとうを言いに行く」と言ってます。
前回の入院の時は、もどすのと下痢が止まらず本当に心配しましたが、今回はそれに比べると症状が軽くてよかったです。天気も何もなかったように静かな朝になってます。
今朝は、改めて病気をしないで、何時も元気で暮らしたいと思う台風一過の朝です。
 コメント


posted by オカンポ at 10:21| Comment(10) | 家族・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。