2010年07月06日

骨董品Part2 なます鉢と小皿

7月6日(火曜日)晴れ
フィリピンでふとしたことから、自宅でjapansurplusの店を始めて4ヶ月が経ちました。儲かったかどうかはよく分かりませんが、古くても日本の物は良いと感じています。
特に食器は、小さな器一つとっても実に繊細で美しいと思います。そんな中にも時々骨董とは呼べないとしても古くて良い物を見つけることがあります。
以前蕎麦猪口のことを日記にしましたが、今回は、そんな中の一つ直径約17cmのなます鉢です。あまり古伊万里には詳しくないのですが、たぶん明治、大正時代の物と思います。牡丹の絵付けは綺麗とは言えませんが、素朴で細かな手の込んだみじん唐草模様も実に味があります。
買ったのはP50ですが、大切なコレクションにしています。

なます鉢.jpg
それといつ頃の物か分かりませんが小皿4枚でこれもとても気に入っています。これは1個P10でした。ゆがんでいたり、欠けていたりしてますが、100年位経っていると思うと、これを使っていた時代のそれぞれの生活ぶりなどを想像して結構楽しんでます。

小皿4枚.jpg

前にも書いたのですが、たぶん日本から大量に入ってくるリサイクル品に混じって古い物もフィリピンに入ってくるのだと思いますが、お店に行ってこんな物を見つけるのも私の趣味になってます。フィリピンの骨董品やに行けば、売っているのは当然ですが、普通の日本雑貨屋でこういった物を見つけるのが、安いし楽しんですね。ですから骨董品屋には行きません。(実は骨董屋は高くて買えません)
日本を離れフィリピンで暮らして、こういった日本の物の良さや、歴史を改めて知るようになりました。

ただ、女房には「何するのこんなボロばっかり、置くところ無いよ」と言われ、何時捨てられるか分かりませんが、ささやかな私の楽しみだからと言っています。フィリピン人には、古い物、骨董品にはあまり興味がないようです。
 
 コメント


posted by オカンポ at 11:57| Comment(14) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。