2010年07月01日

台風シーズン

7月1日(木曜日)曇り
今日は朝から曇り空です。7月に入りいよいよ台風を心配しなくてはいけない季節になりました。毎年台風被害のに見舞われるフィリピンですが、昨年9月のオンドイ、ペペンでは、多くの死者も出ました。今年はこのような大きな災害が起こらないことを祈りたいです。

日本では命の危険性が高い「地震・雷・火事・親父」と言う言葉がありますが、「親父」は本当は「親父」ではなく、「大山風」(おおやまじ)=「台風」ということらしいですね。
フィリピンでは、火事、台風、雷、地震という順番になるような気がします。が、やっぱり1番は女房かな。(笑)

火事は特にスクウォーター地域で本当に多いですね、台風は、日本方向に向かう台風のほとんどはフィリピンの東側で発生していますし、毎年20個近くがフィリピン本土に接近しているそうです。
昨年のオンドイの時は、川の氾濫で多くの家屋が流されたり、浸水の被害になりましたが、これは、ダムの崩壊を防ぐための一斉放流も被害を大きくしたように思います。

これから台風のシーズンを迎えるのですが、MGB(The Mines and Geosciences Bureau)が発行した洪水ハザードマップを見つけましたので参考までに載せておきます。
(黄色の地域が、2年〜10年確率洪水でも、かなりの部分が浸水する危険があり、青色の地域、50-100 year確率洪水では、氾濫原全体が浸水被害を受ける可能性がある。)


10-4.jpg

具体的にはマニラ近郊の洪水氾濫の危険地帯について、

1) 海岸低地:パシグ川下流のマニラ湾に沿う標高3m以下の海岸低地。(マニラ市、マカティ市、パサイ市)
2) マリキナ川氾濫原:マリキナ川沿いの標高30m〜5mの沖積低地。(流域の西端に南北)西側はマニラ湾岸の海岸低地との間にある中央台地、東側はマリキナ川の水源であるシェラマドレ山脈で境される。(マリキナ市が、そして氾濫原の上流部はケソン  市の一部)
3) ラグナ湖岸平野:パッシグ市やパテオス市、タギグ市、また、マンテンルパ市の一部
4) 中央台地を開析する谷底平野:中央台地を横断するパシグ川沿いや、中央台地を開析するサンファン川沿いの低地

の4つの地域に区分出来るそうです。

この地域、特に黄色の地域にお住まいの方は、いざというときの対策をしておく方がいいと思います。
幸い私の住む地域はラメサダムより高い位置にあり、洪水の心配はなさそうですが、この地域以外にもマニラ市内にはそんなに多くない雨でもすぐに浸水してしまう地域もあります。
私も何度か川になった道路を歩いた経験があります。
ビデオは昨年のオンドイ通過後、水の引いたマニラですが、まだ道路が川になってる道路を走るバスに乗り合わせた時のものです。


また、台風通過後でも浸水により、一般的にはネズミや家畜の尿に含まれる細菌が洪水による不衛生な水を介して体内に侵入することにより感染するレプトスピラ症にも気を付けなくてはいけません。レプトスピラ症は腎臓、肝臓を損傷し、発熱、発疹、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛、吐き気などの症状が出、重症化すると死に至るものです。私の妻の親戚もこれで亡くなっています。

地球温暖化の影響か、今年はマニラでも異常に暑い日が続きました。日本でも今後大型台風の上陸が予想されているようですし、せめて日頃から災害に関しても危機管理はしておきたいと思うこの頃です。
 

コメント


posted by オカンポ at 12:01| Comment(12) | フィリピン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。